herohoroブログ

GitHubで迷子



🔄   2022-08-02

開発2日目

Githubへアップロードするたび迷子

このブログの構成を少しずつ改造したいなーと思って、

まずはHOME画面に画像を入れてみることにしました。

Next.jsで画像を追加するにはどうやって記述するのかをネットで検索した後、

VSCode上で無事に実装。

できたてほやほやのコードをgithubへ上書きしようとしたら・・・・

「branch」って何!?

なんかたくさんある・・・(Create Newを無意識に設定していたのが原因)

githubでやったこと
image block
  • remote repositoryを用意
  • 変更した内容を更新(commit)する
  • branchを作ってそこに一旦commitした内容を同期 👉迷子の原因
  • masterに結合(merge) 👉迷子の原因
  • 用意したremote repositoryへpush:ローカルとリモートとを同期する

変更するたびにbranchを作ってmargeして・・・ を繰り返したせいでbranchのゴミが残りました。

使い終わったbranchは削除して迷子防止に務めることに。

/// ローカルリポジトリー 整理 ////
git branch --merged [branchname]   ////merge済みブランチ一覧/////
git branch                ////ブランチ一覧(*が現在地)///////
git checkout hoge            ////ブランチ切り替え(hogeへ)///
git branch -d [branchname]      ////ブランチ削除//////////////



////  リモートリポジトリー 整理 ////
git remote -v            ////リモートブランチ一覧/////
git remote rm [削除したいremote branch名]  //削除//

参考にした記事

難しいなーーー(゜o゜;

このモヤモヤを整理すべく図にしてみました(*^^*)

image block
😭
branchは無意味に量産すると迷子になるので要注意

すべきことを整理すると・・・・

▼ 初回のみ行う

  • remote repositoryを用意:githubから読み込む時のみ設定する

▼ 変更の度行う必要があること

  1. 変更した内容をgithubへ追加する:ローカル上で追加
  2. 追加した内容を更新(commit)する:ローカル上に保存
  3. 用意したremote repositoryへpush:ローカルとリモートとを同期する

👆これを毎回繰り返す

まとめ

VSCodeでコードを変更したら・・・

git add -A
git commit -m "変更点メモ"
git push -u origin master   ////ローカルリポジトリーとリモートリポジトリー同期/////

参考にした記事

👆これをやればOK

Twitterでは更新のお知らせを随時行っています

興味ある方はLet'sフォロー★

▼ この記事に興味があったら同じタグから関連記事をのぞいてみてね

新着記事を通知したい??


RSSリーダーにatomのリンクを登録すると通知が行くよ🐌

https://herohoro.com/atom

やってみてね(*´ω`*)(*´ω`*)

Twitter Timeline


フォロー大歓迎\(^o^)/